2019年6月7日金曜日

オホッ…いい雄穂


 農園で育てているトウモロコシが順調で、先端部分に雄穂なるものが現れました。
 お…雄穂って、「おほ」って読むんじゃないんですね。

 読み方を調べてみたところ、「ゆ」なんとかと読むようなのですが、なんか今ひとつ釈然としません。とりあえず、「おほ」でないことは確かなようです…。
 手元の辞書に「雄蕊」は載っているのですが、「雄穂」は載っていなくて、ほんとにそんな言葉あるんですかねえ?と思ったりします。

 トウモロコシを育ててみなければ「雄穂」なんて言葉に一生出会わなかったでしょう。けれど、これはマニアックな業界用語なので、コーン後も役に立つことは無いのです。

おわり  

2019年6月1日土曜日

絵文字のその後


 先日リリースしたラインの絵文字ですが、ツイッターで仲の良いフレンドが数名購入してくれたお陰で、お金になりました。ほんとにありがとうございます。

 それで、その内部事情というやつは、作ってみた人にしか分からないところで、でもそこが一番気になるところだと思うので、ちょっと報告しておこうと思います。

 結論から言うと、いままでに売上の分配金が238円得られました。
 ユーザーページのつくりが少し微妙で、いくつダウンロードされたかは本人にも直接わからないことになっているようですが、たぶん、自分を含めて7件だと思います。

 何やら購入方法で分配金が変わってくるらしく、
 ① 120円で購入された場合の分配金はその35%で42円
 ② LINEコイン50枚で購入された場合は30.8円(50 x 1.76円 x 0.35)
 ということになっています。

 そんなわけで、42 x 2 + 30.8 x 5 = 238
 たぶん7件なのかなあと思っています。

 で、この分配金を入手するためには送金申請をするのですが、これは分配金が1000円以上に貯まると可能になるようです。
 また、銀行振込を希望する場合は、振込手数料540円が引かれるということです。

 弱小クリエイターにはけっこうキビシイ設定ですねえ…。
 ここでへこたれず、バリバリ種類を作るような人が、この世界でのし上がっていくのでしょう。

 スタンプショップそ屋は、早くも閉店の兆しがでているとかいう噂です。

2019年5月29日水曜日

ラインのクリエイターズ絵文字が承認された話


 驚いたことに、申請していたラインのクリエイターズ絵文字が承認されました。
 …、そういう時にはこれを使います。


 なんとなく作ってみようと言った時から、だいたい半年かかりましたが、まさか通るとは思っていませんでした。
 作ってみた感想としては、(売れるかどうかは別として)リリースまでならできないことも無さそうで、けっこう誰でもクリエイター気分を味わえて良いのではないかなあ、と思いました。
 ただ、人様にお金を出してもらうクオリティとして胸を張ろうとすると、それはなかなか難しい世界になりそうです。
 なので、今回は良い経験をしたということで、ここにその経験談を書いておこうと思います。


 半年前、くだらないダジャレに添える絵文字が欲しいなあ、と思い立ちました。


 ひらめいちゃったんだからしょうがないワケです。


 物によってはいつ使うのかという気もしますが、こんな風に使います(↓)。





 リリースまで半年かかったと言っても、実際のところ作業していたのは数日で、ライン社に申請したのは3日前でした。審査で2回落とされましたが、ライン社も無理難題を言うわけではないし、1日以内に返答してくれるし、むしろ自称クリエイターの素人に優しいくらいだと思いました。まじめに進めれば最初から最後まで1週間とかでいけるのかもしれません。

 ドキドキの申請1回目は、タグの付け方がおかしいという理由で、全16個の絵文字全てが却下されました。


 絵文字を使ってダジャレを言いたいというコンセプトなので、「カレー」の絵文字に「おつかれ」というタグを付ける、みたいなことを全ての絵文字にしてみましたが、これはライン社の想定する使い方ではないので、速攻の10時間でリジェクトでした。


 でも、しかたないのです。
 で、絵文字へのタグ付けは任意なので、2回目はタグを付けずに再申請しました。
 申請結果の連絡が1回目よりも数時間遅かったので、おっ、いけるのかな?とも思いましたが、やはりダメでした。
 理由は、著作権の所在が明確でない二次創作っぽいということでした。


 たしかに、幼虫の絵文字がポなんとかのキャなんとかに似ているかもしれません。
 でもお腹の部分とか、色の使い方が違うんだけどなあ…ブツブツ…などと思う一方、よくそんなマイナーポコモンを見逃さなかったなと関心してしまいました。
 ということで、その部分は素直に諦めて、3回目を申請しました。


 結果的に、今度はあまり時間を待つことなく承認されるに至りました。


 正直なところ、使いたい絵文字は数個だけで、この絵文字とかはもうやっつけのように思っています。
 絵文字は最少8個から申請できる訳ですが、あまりに少なすぎてもナンだなあと思ったので、水増しのようなことをしました。


 いや、水増しを頑張ってもしかたないのです。
 これも、全然かわいくないバッタなので、正直ちょっと反省しています。
 さすがに、この程度の絵文字セットにお金を出して使ってみようという人はほとんどいないでしょう…。


 面と向かって使ってちょんまげ、とは言えないですね…。
 でも、誰かがこういったものを見たことをきっかけに、もっと良いちょんまげの絵文字セットを作ってくれたら、それは使ってみたいような気もします。
 そういう繋がりや進展があったらいいですね。
 あるかもしれないし、ないかもしれない。
 未来は誰にもわからないのです。


 そう、未来は誰にもわけワカメ。

おわり  

2019年5月21日火曜日

ペン先が14Kの万年筆を買った話

 ペン先が14Kの万年筆を買いました。
 万年筆のペン先は金配合が良いと聞くので、そうなんだろうと信じています。
 ジャンル万年筆というのはひとつの沼なので、あまり踏み込みませんが。

上:今回買ったやつ 下:いままで使ってたやつ

 で、金ペンは高いので、とにかく安く抑えたいとなると、プラチナ社の14Kデスクペンというものがでてくるわけですが、これは机上に備え付けるものであって、持ち運びには適していないのです。
 というわけで、今回は万年筆型のプラチナ14Kに手を出しました。


 使っていたデスクペンの細字ペン先は、少し細すぎるかなあと思っていたので、中字にしようかとも悩んでいましたが、結局、また細字にしました。
 ためしに線を引いてみると、新しいペン先はちょっとだけ太めでした。

上:今回買ったやつ 下:いままで使ってたやつ

 個体差というやつでしょうか。
 ラッキーな買い物でしたね。

2019年5月14日火曜日

エッチな大根

 今年度から市民農園が当たったので、畑で野菜を栽培しています。
 とりあえず、すぐに収穫できそうだったので、まずはハツカダイコンに挑戦してみたところ、これは結構うまくいきました。

 でも、うまくいったものだけじゃなくて、虫に食われてしまったものや、ヘンテコな規格外品になってしまったものなんかもあるんです。
 スーパーで売ってるきれいに揃った野菜は、プロの技なんだなと思います。

 今日は、なんか怪しげな大根が収穫できました。


拡大すると

 パックリ割れちゃって、なんかエッチじゃないですか?
 でも何故か下のヒゲはまた繋がってるんです。これは不思議。
 なんでこんな形になるんでしょうね。

2019年5月5日日曜日

南極の話をする人

 岐阜の人は、名古屋の話をすることが多いみたいですね。
 あまり岐阜出身の知り合いが多いわけではないですが、そういう人が2人いたので、そうなんだろうと思うことにしました。
 地図で岐阜市と名古屋市の位置関係を見ると、なるほどあまり間違っていないのではないかなと、納得するところもあります。

 これは最近知ったことなんですけど、オーストラリアの南側から来た人は、南極の話をするようです。
 サンプル数は1だけなんで、全然そんなことないかもしれないですけど、そもそも南半球から来た人にほとんど会ったことがないので、地球儀をひっくり返して見て、そういうものなのかなと思うことにしました。

 別にどうという話ではないですけど、ちょっとした興味深いプチ・カルチャーショックだったので。

おきのどくですがぼうけんのしょが消える病気

 おきのどくですが ぼうけんのしょは きえてしまいました

 いやいや、そのぼうけんのしょがあったこと覚えてるなら、そんな音鳴らしてないで復旧してよ、ほんとは消えてないんでしょ、って小さい頃は思っていました。
 でも、残念ながらそういうものなんですね。


 最近は、10秒前に何かしようとして、何かをしようとしていたことまでは覚えているけれど、何をしようとしていたのか、突然思い出せなくなる、ということが増えてきました。
 ぼうけんのしょ消しちゃうマンに文句言える立場じゃなくなったようです。

・忘れたことは自覚している
・ヒントがあればギリギリ思い出せる(こともある)
・日常生活にはあまり支障が生じていない

 この程度の症状は、「健忘」といわれるようです。
 健忘といっても、「もの忘れ」から「記憶喪失」まで幅広い概念のようなんですが、人の命にただちに影響はないだろうということで、お医者さんが相手をしてくれる「病気」では無いことがほとんどでしょうね。
 まあ加齢による物忘れでしょう、頑張ってください。くらいに扱われるものです。


 他にも、何かこう、微妙に困っている問題を時々思いつきます。
 こういった小さい問題をひとつひとつ解決していけたら人生充実するような気がするんですけど、解決策なんてないんです。

2019年4月27日土曜日

白バイ・パトカーが違反してたら

 警察屋さんがネズミ捕りしているのを見ると、嫌がらせみたいなことして暇だなあとか思ったりします。
 まあ、S屋さんは無職なんでもっと暇ですけど。

 ところで、白バイやパトカーが交通違反をしてるなあ、と思ったらどうしたらいいんでしょうか。

 このボケーッとしてる白バイは、きっと目の前の道路で一時停止違反をする車を待っているんだと思うんですけど、待機場所が微妙なんですよね。
 後ろから抜いて右左折するのに邪魔だし、横断歩道の前後5メートルは「一時停止する場合のほか、停車し、又は駐車してはならない」ということになってるはずなんです(道交法44条)。

 緊急自動車だから道交法44条を適用しない、ということにはなっていないようだし(道交法41条)、そもそも緊急自動車というのは「政令で定める自動車で、当該緊急用務のため、政令で定めるところにより、運転中のもの」(道交法39条)ということなので、この白バイ運転中なのかな?という気もします。

 まあ適用除外の条例とかが他にあるかもしれないから、猛烈に抗議する勇気はないですけど。なんとなくモヤモヤと不信感を増してしまうんですよね。

 その昔、「駐車禁止」という看板の前に駐車するパトカー写真を集めていました。
 < うなこさんのインスタグラム >
 もし仮に違反でないとしても、紛らわしい行為はやめておいた方が良いのではないですかねえ、と思うのです。

 と、ここまで書いてきて、またしてもポリチカルな内容になってしまったと反省しました。次からはまた家庭菜園のような当たり障りのない内容に戻そうと思います。

2019年4月19日金曜日

めずらしく政治的なこと

無職になって暇なので、昨日はとある市議選泡沫候補の講演会に行ってきました。
泡沫候補と言っては失礼だけど、講演開始直前でこんな感じだったので、選挙結果については、厳しいところだと思います。


何を期待して行ったかというと、この候補者、なんか興味深い裁判の原告をやっているのです。

簡単に要約しようとすると、
「国分寺市が明らかにマズイ違法行為を働いてパチンコ屋等に4億5千万円を支払ったけれど、そんなところに税金使わないでよ」
という感じです。
https://www.asahi.com/articles/ASM4C6JTRM4CUTIL04P.html

先週、全部勝訴という地裁判決を得たようなので、
「その支払は市の税金じゃなくて、それを執行した当時の市長に請求しなさい」
ということに、今のところはなっています。
https://deiki18650.hateblo.jp/entry/2019/04/11/223820

市民の税金数億円を取り返すことになるので、市民は喜んだらいいと思うけど、この会場の様子からすると、世間の反響はあまりないようです。
悲しいけれど、泡沫候補は何をしても怪しいモノなのです。

以下は、この件に関して個人的な理解をまとめたものです。

-----

 2006年ころ、国分寺駅前に新しくパチンコ屋ができるという情報があり、多くの人がそれを阻止したいと考えました。
 期待に応えたい市長や議会、その助役たちは、そのパチンコ屋予定地の隣に急いで小さな図書館の分館を設置するという作戦を考え、実行しました。
 図書館の周囲50mにパチンコ屋を開いてはいけないという都の条例があったので、これをパチンコ屋の出店妨害に利用しようとしたのです。

 でも、街に好ましくないお店を営業させたくないからといって、教育的な施設を設置するのは「目的・動機違反」で行政側に勝ち目が無いというのは、個室付浴場業事件というすごく有名な判例が示しているのです。
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=50195

 ちょっと法律をかじった人なら誰でも思い当たる。
 当時、議員は25人いたようですが、なんと全会一致で図書館設置の条例を採択したそうです。
 議員たるもの、法律業界の基礎知識を知らなかったでは許されないでしょう。

 市長は「これによって旧バザールKへのパチンコ店出店を阻止していきたいと考えております」なんて答弁してるし、こりゃ負けますわ…。
当時の市長の発言 >

 出店を阻止したいとしても、もう少し別なやり方があるでしょうに。
 なんで議会や市長がこんなにもおバカな行動に出てしまったかというのは、勝手に推測するしかないのですが、昨日行った講演の原告さんは、当時の助役S氏が資料を巧妙にコネコネして議会を騙したのではないかと言っていました。
 個人的には、当時の政策部長H氏もかなり暗躍しているような気もしますけどね。
 消えちゃったブログのキャッシュに、「再開発という長年の政策課題を解決するために、やむを得ない公費支出であったと思う」なんて吐露してるし。
< H氏のブログ跡地 >
< H氏のブログキャッシュ >

 でも、たぶんこの2人は普通の公務員なので、直接責任追及するのは難しいのかもしれません。
 その点、特別職の市長や市議はつらいね。
(H氏はその後、市議選や市長選に出て落選しているので、決してこの人の行動が住民の民意という訳ではないとは思うのですが…)

 出店妨害されたパチンコ屋側へは4億5千万円が渡っていて、これはもう動かしようの無い事実です。
 今のところ、これには市の予算から支払われています。市民の税金ですね。
 でも、誰が見ても明らかな違法行為を実行することに、市民の税金を使うのはマズイようにも思います。
 原告さんは市長に請求すべしと訴えて、地裁で勝訴しました。
 まあ、ここが着地点でも良いとは思います。

 しかしながら、(話の流れで結果的にではあるけれど)条例案を提出して全会一致で可決した議会のメンバーにも責任はあるような気もしています。
 ちょっと無理やりかもしれないけど、「議員の立法行為は、立法の内容が憲法の一義的な文言に違反しているにもかかわらずあえて当該立法を行うというごとき例外的な場合」には違法の評価を受けることになっているようなので…。営業妨害は職業選択の自由を侵害するとかなんとかで、どうですかね。
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=52654

 まあ、裁判の行く末がどうなるかは素人にはわかりません。
 でもなんとなく、これだけ興味深い活動をしている人物が、ほどんど世間から無視されているというのはどうなんだろうなあ、という気もしています。

2019年4月9日火曜日

退職の心得



実質無職になっても、書類上無職になれないこともあるのです。

お役所やハローワークは、人の顔を見て
「あ、こいつは無職だな」
なんて言うことはできないことになっているので、
「離職票」という書類で判断するようです。

「離職票が届いてからお越しください」
と言って、ご丁寧に帰宅を促されます。

決して、
「面倒くさい無職が来たなあ」
とか
「無職は必要書類も揃えられないのか」
とか
「無職は暇なんだしまた来ればいいでしょ」
なんてことは思っていないはずです。

 無職は心が弱っているので、言葉の裏を勝手に想像してしまいます。

 この「離職票」なるものは、退職後に職場の人事が作るものかと思っていたのですが、もしかすると退職後すぐに取得できるように準備しておくことができるのかもしれません。
 事前準備を怠ると、2週間とか無保険でプラプラ状態になってしまいます。
 次に退職するときは心得ておきましょう。
 でも転職のプロならまだしも、単純退職のプロなんていうのはあまり褒められたものではないのですねえ。

 今回は退職の心得まで。
 無職の心得は、発見したらまた書きます。

2019年4月8日月曜日

新年度所感

なんか今月末に10連休はじまるでしょう。
あれ、私もう始まってるんですよ。
しかもけっこう長く。
連休が終わる見通しも無いくらいなんです。

最近は桜も満開で気持ちがいいですね。
無職でも天気が良ければ気分が良いものです。

でも今日は久々の雨模様。
なんかつらくなってきたなあ。

2019年1月14日月曜日

にんじんだもの

マイペースに生きよう
にんじんだもの

 キッチンで捨てられた人参の頭を水につけておいたら、立派な葉っぱが生えてきました。
 にんじんは偉い。なんとも力強い。

 軟弱なもや氏もマイペースを探して力強く生きたいものです。
 (ブログの更新に疲れてきた)

 また何か面白いことがあったら帰ってきます。

2019年1月13日日曜日

今日は久しぶりに飲んだ

書きたいことが無いわけでもないけれど、頭がうまく働かないし、とても眠い。
もうだめだ。
ブログとか日課的に続けるのはそろそろ無理ではないか。
努力は夢中に勝てない。
心からやりたいと思うことをやって続けるべきだしもうずっと寝てたい。
3連休最高。

2019年1月12日土曜日

年を越したパクチー


凍えるような寒さの中、パクチーくんはギリギリなんとか生存しています。
明日は雪が降るといいます。

なんとなくの印象ですが、最近は成長がほとんど止まり、茎の部分が弱々しくなってきているような気がします。パタリと力なく倒れ込んでいる株もあります。

2019年を力強く生きてほしいものです。
立派に育ったら途中で食べられてしまう運命ですが。

2019年1月11日金曜日

不平不満を言うブログ

昨日、ブログを書いて気づいたことがありました。
随分とそや氏は文句を言うんだなあ、と思ったのです。

満員電車の乗り方に文句を言い、
エスカレーターの乗り方に文句を言い、
誰かがせっせと書いた本に、
インフルエンザワクチンに、
パソコンのアップデートに、
とにかく何かに不満を持って文句を言っている傾向が目立ちます。

普段は怒りを表明しないよう、平穏に生きているつもりだったのですが、語るべき話題もないときに捻り出される言葉となると、人間の本性みたいなものが出るんですかね。
恐ろしいものです。

しかしなるほど、無理やりブログを書き続けてみると、期せずして思考が整理される、なんてことがあるのかもしれません。
継続だいたい一ヶ月半時点での新発見でした。

2019年1月10日木曜日

パソコンのアップデートは時間が掛かるので嫌い

 今日は、長いこと先延ばししてごまかしていたmacOSのアップデートをしました。
 Sierraから一つ飛ばしてMojaveになりました。
 再起動と再設定で時間が掛かるだろうと思っていましたが、結局なんだかんだで半日くらいかかりました。
 この長い時間パソコンが使えなくなる仕組み、なんとかならないんでしょうか。
 もう疲れました。

 いつからかWindowsは起動したタイミングでアップデートが始まったりする印象があったんですけど、今はどうなんでしょう。急いでパソコンを仕事に使いたい時とか、頭にくるんじゃないですかね。

 アップデートが必要なのはわかるけど、せめてタイミングは選ばせてほしいところです。

 新元号発表日はWindowsの更新日が決め手だったとかなんとか、そんなニュースがありましたね。
 世の中がパソコンに振り回されるのだとしたら、ツライ時代です。

2019年1月9日水曜日

100均のマウスパッドに交換した話

 その昔、「史上最強のマウスパッド」というフレーズに惑わされて、2500円くらいする高級なものを購入しました。Airpad Pro IIIというやつです。
 何の不満もなかったので、あまり他を比較したことはなかったですが、まあ最強なのかなと思って、たぶん10年近く使っていました。

 それが最近、シートが剥がれてきたこともあってか、手首のあたりがチクチクするのが気になりつつあったのです。昨日100均に行ったら、よさげなマウスパッドがあったので、リストレスト付きというのはどうなのかなと思い、ちょっと買ってみました。
 そしたらこれがまた実に無難な作りで、何の不満もないのです。
 2500円のパッドが100円のものに置き換えられるというのは、高級パッドの否定、さらにはそれに手を出した己の否定という感じがして心苦しいのですが、時の流れがそうさせるのかもしれません。

「汚いね…」
「年季が入ってるって言ってあげようよ」

 昔はすごかったんです。
 せめて、写真を撮る前に洗えば良かったと後悔してます。


「キレイだね」
「やっぱり新しいほうがいいね」

 しばらくは100円のこれで良いような気がしてます。
 ダイソーさんはすごいですねえ…。

2019年1月8日火曜日

いだてん第一回の感想

今年は大河ドラマ全部見ようかなと思ってます。
昨日の第一回は、けっこう評判良かったのではないでしょうか。
さすがの宮藤官九郎ですね。

ツイッターではTNG48が紅白に出そうだというコメントを見ました。
個人的には、橋本愛が能年玲奈を紅白に呼び出すという茶番を見たいです。
あまちゃんの時の逆バージョンということで。
事情が違うし泥臭すぎるかな。

この先はどうなるんでしょうかね。
長い1年を細々と楽しむのにちょうど良いものを見つけた気分です。

2019年1月7日月曜日

明日からはいつもの世の中

年末年始ももう終わり。
もうボケーッとお正月の気分ではいられないですね。
クリスマスが終わった時、すでにコンビニには恵方巻き予約のチラシが並んでいたし、時間はどんどん過ぎていくばかりです。


もうこんな時間。
とか言ってる場合じゃないですよ。
またノロノロと絵文字を作ってみたんですが、毛が細すぎて、顔を入れてみたけどなんのこっちゃ分からないものになりました。
改善の余地ありですね 🐜

2019年1月6日日曜日

アマゾン返品交換手続きの経過報告

 壊れた加湿器の交換をアマゾンに依頼していましたが、電話して2日後に新品が届きました。
 こちらはまだ返す品物の梱包できていないのに、あまりの速さに驚くばかりです。

 送られてきたダンボールに入れて、明日にも壊れた加湿器を送り返そうと思います。
 梱包資材を準備しないといけないなあと思っていたので、ラッキーでした。
 これはいいシステムだと思います。

 日本郵便の集荷サービスを使って下さいと言って電話番号を案内されたけど、何か理由あるんでしょうかね。
 家で待ってる時間がもったいないから持ち込んでしまおうと思ってますが。
 これは電話で話している時に持ち込んでいいか聞いておくべきでした。
 頭の回転が速くない人に電話は難しいので嫌いです。

 送り方が違うとかのトラブルにならないことを願ってます。
(不安があるならはじめからトラブルを避ける方向で進めろって話ですがー)

2019年1月5日土曜日

本日のブログ

 たまに、ツイッターで手持ち無沙汰な時、本日のツイートと称して、日付の数字に関する何かを呟いていることがあります。



 大抵はWikipediaを眺めて興味深いと思ったものを引っ張ってきていますが、なんの意味もない活動なんです。

 数字というのは面白いもので、それと同時に、Wikipediaの項目を編集する人たちの生態もまた実に面白いなあと思っています。
 例えば日が変わって今日の、「15」という数字はこんなものらしいです。

  5番目の三角数
  3番目の六角数
  6番目の半素数
  3番目の五胞体数
  5番目の二重階乗数
  4番目のベル数
  6番目のテトラナッチ数
  3番目の完全トーシェント数
  2番目のメルセンヌ素数でないメルセンヌ数
  双子素数の積で表せる最小の数
  3連続の奇数の積で表せる最小の数
  15と16は3番目のルース=アーロン・ペア

 なんとか数という名前がいったいどれほど存在するのか見当もつかないですが、いろんなことを考える人がいるものです。
 ラマヌジャンのエピソードで有名なタクシー数とかは、もう唖然とするばかりですしお寿司。

 中には、それってあえて特筆すべきことなのかな?と思うものも並んでいたりしますが。
(例えば「15は各位の和が6になる2番目の数」とか…)

 ということで、今日もまた特筆すべきことがありませんでした、というワケなんです。

2019年1月4日金曜日

アマゾンの返品受付センターに電話したこと

 アマゾンで2ヶ月くらい前に購入した加湿器が水漏れするようになったので、今日はこの問題を解決しようと試みました。

 メーカーの保証書には販売店を通して修理を依頼してくれと書いてあったので、まずはアマゾンに連絡を取ろうとしたんです。
 それで、修理の依頼をしたいだけだったのですが、サイトの注文履歴に「商品の返品」というボタンしかなかったので、そこをクリックして電話連絡してみたら、結果的にアマゾンへ着払いで返品・交換ということになりました。

 驚いたことに、さっきアマゾンのサイトを確認したら、すでに代わりの商品が発送準備に入っているらしいです。
 まだこっちは返品の梱包作業すらしていないのに。

 加湿器に不具合があるとしたらそれはメーカーの落ち度で、故障でもないのに勘違いでクレームつけているとしたらユーザー側の責任だと思うんですけど、アマゾンはそういった可能性はすべて飲み込んで、えいやっと処理するんでしょうかね。
 消費者としては処理が速くて嬉しいところですが、それで良いのかな?と少し不安になる速さです。

 逆にアマゾンから文句を言われないように、明日はさっさと梱包作業をしないといけません。

2019年1月3日木曜日

足の痛い選手を走らせ続けるなんでひどいで

 あまり素人がどうこう言うのもナンだし、いろんな意見があると思いますけどね、個人的には、各選手の体を大切にしてほしいと思います。今日の駅伝についてなんですけど。
 去年は四つん這いの事件もあったことだし、時代的にそろそろ全体主義の闇の部分は否定していくべきなんじゃないかなと思っています。
 トップレベルランナーの中で、特にコンディションが整った選手ばかりが走っているレースを、足を怪我した選手が走り続ける意味ってありますかね。

 あまり好き勝手なことを言うのもよくないので、ほどほどにしておきますが。
 箱根駅伝は好きです。いつも楽しみにしてます。


 今日は、またツイッターのアイコンをつくりました。
 サン・ムーンから追いつけていないので、こんなポケモンがいるとは知りませんでした。
 ひどいですね。

2019年1月2日水曜日

お正月は世の中が止まってる感じ

 今日は近所のスーパーが休みのところばかりでした。
 働き方改革の波なんですね。

 従業員を大切にするため、という説明で休みにしているところが多いようですが、耳障りのよい言葉を聞くと、つい邪推したくなってしまいます。
 人手の確保が難しくなったのは今までの無茶な経営方針の反動なのであって、その経営方針の修正理由を従業員のケアにすり替えるのは、汚い経営者の手口なのではないか、とか思うのです。
 まあ理由はどうあれ、働く人がハッピーになるなら、それは良いことですが。
(でも本当にハッピーになるのかな?強制的に休みの日を指定されるより、シフトをずらして選べるようにした方がハッピーじゃないかな?やっぱり一斉休業は経営者の勝手な都合なんじゃないかな。)

 こんな形で働き方改革のようなものが進むと、「スーパーやサービス業は祝祭日だって常にフル回転していないと我らお客側がハッピーじゃない!」なんて言う人、でてこないですかね。
 そや氏はそこまで言う勇気のある人間ではないですが、なんとなくこの年末年始は不便だなあと思いつつ生活してます。

2019年1月1日火曜日

あけましておめでとうございます

 今年もよろしくお願いします。


 何か、2018年に忘れ物をたくさんしてきたような気がしますが、時間を遡れるわけはないので、しかたなく2019年を生きようと思います。
 歳をとると、生き方が雑になるのだなあと、感じます。
(個人的な事象を一般化してすいません)

 なんとなく、今年の目標は「丁寧に生きる」にしようかなと思っています。
 丁寧に生きるというのが何を意味するのかは自分でも良く分かっていませんが、ブログやツイッターに時間を浪費するのは、これと対極にある生き方だということだけは確かです。

 うーん、丁寧に生きるとは何か。
 実際のところ良く分かりませんが、新しい一年を頑張っていこうと思います。